技術情報
食品分析開発センターSUNATEC > 技術情報 > 異常品(異物・異臭検査)

技術情報 異常品(異物・異臭検査)

食品事業者であれば、神経質にならざるを得ない問題に異物混入問題及び異臭問題が挙げられます。
天然由来の物質であっても、食品中に残存することで、消費者から異物ととらえられてしまうこともあります。製造中、調理中や流通過程で誤って異物が混入することもあります。
また、製造後の官能検査等で臭いの異常を感じることや、流通過程や消費者の保存中での移り香も、食品事業者として大きな問題となり得ます。
SUNATECではこういった問題の原因物質を特定することで、食品事業者の問題解決、さらには改善の取組みへのご支援が出来るのではと考え、異物検査・異臭検査を受託しております。

検査の目的

異物検査

見た目で異物を判断された場合、事実と大きく異なることがあります。
SUNATECでは、電子顕微鏡、光学顕微鏡、実体顕微鏡、FT-IR(フーリエ変換赤外分光光度計)、EDX(エネルギー分散型蛍光X線分析装置)、DNAシーケンサなど多くの検査機器を用いて、異物の特定を行います。

異物検査 成績書速報までの納期

検体到着から最短 翌営業日に結果連絡、成績書発行
至急 受付日を除き2営業日以内
通常 受付日を除き5営業日以内
「eサービス」をご利用いただければ成績書速報の画像が鮮明になります。

異物検査成績書例

臭気・異臭分析、食品の香気分析

臭気分析はスターバー抽出によるサンプリング及びGC-MSによる成分の定性分析を実施いたします。
サンプル中に含まれる臭気成分を分析することにより異臭品に特異的に含まれる成分を定性的に確認することが出来ます。

臭気・異臭分析 成績書速報までの納期

検体到着から最短 4営業日に結果連絡、成績書発行まで完了
至急 受付日を除き4営業日以内
通常 受付日を除き7営業日以内
「eサービス」をご利用いただければ成績書速報のクロマトグラムが鮮明になります。

異臭検査成績書例

検査項目検索
検査項目・料金

SUNATEC eサービス

よくある質問

Copyright(C)FoodAnalysisTechnologyCenterSUNATEC.AllRightsReserved