技術情報

技術情報 栄養成分

平成27年4月1日、新たに食品表示法が施行されました。新法ではJAS法、食品衛生法、健康増進法の義務表示の部分が一元化され、さらに機能性表示食品制度も導入されました。

食品表示法では原則としてすべての消費者向けの加工食品、食品添加物に栄養成分表示が義務化されました。
義務表示項目として、エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、
ナトリウム(食塩相当量で表示)、そして任意(推奨)表示項目として、飽和脂肪酸、食物繊維、任意(その他)表示項目として、糖類、糖質、コレステロール、ビタミン、ミネラル類が設定されました。 食品表示法を遵守し、消費者に適正な情報を提供することが必要です。

検査の目的

栄養表示のために

栄養成分表示に必要な項目を分析し、栄養表示基準に沿った適正な表示をするための資料とします。実際の測定値をもとに表示内容を決定することによって、表示の誤差範囲等基準に沿った適切な表示が可能となります。
理論値ではなく、実際の栄養成分分析に基づいた栄養成分表示をお薦めします。
検査項目検索
検査項目・料金

SUNATEC eサービス

よくある質問

Copyright(C)FoodAnalysisTechnologyCenterSUNATEC.AllRightsReserved