技術情報
食品分析開発センターSUNATEC > 技術情報 > アレルゲン(アレルギー物質)

技術情報 アレルゲン(アレルギー物質)

その食品は表示どおりですか?コンタミネーションの心配はありませんか?
アレルギー物質を含む食品については、特定のアレルギー体質を持つ方の健康危害の発生を防止する観点から、平成13年厚生労働省令第23号によりその表示が義務化されています。
アレルギー物質を含む食品の検査方法は、平成14年11月6日付「食発第1106001号」ではじめて通知され、その後、操作性向上等の観点や検査技術の進歩に伴い、検査方法の改正が順次行なわれています。
食品衛生法に基づくアレルギー物質の表示に関する管轄が消費者庁に移管されたことを受け、平成22年9月10日付「消食表第286号」で「アレルギー物質を含む食品の検査方法について」が通知され、検査キットの改良に伴い平成26年3月26日に消食表第36号として最終改正されています。

SUNATECで使用しているキットについて

特定原材料名 キット名 定量範囲
牛乳、小麦、そば、卵、落花生 FASTKITエライザVer.Ⅲシリーズ 1~20 μg/g
モリナガ FASPEK エライザⅡ 1~20 μg/g
甲殻類 FAテスト EIA-甲殻類Ⅱ「ニッスイ」 1~20 μg/g
甲殻類キットⅡ「マルハニチロ」 1~20 μg/g
また、定量検査以外に、特定原材料7品目についてウェスタンブロット法、PCR法を用いた定性検査を受託しています。
特定原材料に準ずるもの(一部対象外)については、別途ご相談下さい。

検査の目的

食品への特定原材料の混入は、原料からのキャリーオーバーや製造ラインでのコンタミネーションにより生ずるため、製品はもちろん原材料についても検査の必要性があります。
また、表示違反については行政指導が実施されますので、定期的に商品の安全と表示の適正化を図るため、検査をお薦めいたします。
検査項目検索
検査項目・料金

SUNATEC eサービス

よくある質問

Copyright(C)FoodAnalysisTechnologyCenterSUNATEC.AllRightsReserved