メールマガジン

メールマガジン バックナンバー

2011年2月発行(vol.059)

◆┳◆┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻◇┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻
    Sunatec e-Magazine vol.059 □■     2011/2/01(Tue)
--------------------------------------------------------------
   食の安全・安心に関する情報をお伝えするサナテックのメールマガジン
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳◇┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻◆┻◆
このメールマガジンは、弊センターの営業活動を通じて名刺交換させて頂いた
方やホームページにお問い合わせやお申し込みを頂いた方に食品の検査と衛生
に関する情報提供のためにお送りしております。

┏━━━━┓
┃Contents ━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━┫
┗━━━━┛

【 1 】『カンピロバクター食中毒とその予防対策』
                               岩手大学
                         名誉教授 品川邦汎様

【 2 】『漬物の微生物変敗と工場衛生管理』
                    愛知学泉短期大学 食物栄養学科
                           教授 内藤茂三様

【 3 】『「農薬」という言葉で評価する疑問 その3.』
                          東海コープ事業連合
                  商品安全検査センター長 斎藤 勲様

【 4 】豆知識『必ずうまくいく!!一般的衛生管理(その5)』
                  SUNATEC コンサルティング室
                            室長 辻 裕文

【 5 】次号予告 ──────――──――─── 気になる次号は・・・?

┣・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━┫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】『カンピロバクター食中毒とその予防対策』
                               岩手大学
                         名誉教授 品川邦汎様
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本では、食中毒事件の中でカンピロバクターによる食中毒の発生数が第一位
となっています。これらの原因食品の多くは、”食鳥肉”などの食肉によるもの
です。食肉の安全性を確保すると同時に、本菌食中毒の予防対策を確立すること
が重要です。今回は、食中毒・下痢症起因菌として最も多いカンピロバクターの
特徴および、食中毒発生とその予防対策について概説します。

▼詳しい内容はここをクリック!
http://www.mac.or.jp/mail/110201/01.shtml

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】『漬物の微生物変敗と工場衛生管理』
                    愛知学泉短期大学 食物栄養学科
                           教授 内藤茂三様
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
漬物は、「副食物として、そのまま摂食させる既成食品であり、野菜・果実・
きのこ・海藻等を主原料として、塩・醤油・みそ・かす・こうじ等の材料に漬け
込んだもの」と定義されています。漬物製造業者に対して「漬物の衛生規範」が
制定されており、原料の受け入れから製品の販売までの各工程における取り扱い
等の指針が示されています。今回は”千枚漬”を例に挙げ、漬物に潜む微生物お
よび、製造工場における衛生管理について解説します。

▼詳しい内容はここをクリック!
http://www.mac.or.jp/mail/110201/02.shtml

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】『「農薬」という言葉で評価する疑問 その3.』
                          東海コープ事業連合
                  商品安全検査センター長 斎藤 勲様
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
農業現場では、色々な用途をもった薬剤が「農薬」という名前で使われていま
す。この連載では農薬という化合物と、その名前の取られ方や別名とのギャップ
について解説していきます。今回は、収穫後の農作物に使用される農薬(ポスト
ハーベスト農薬)の現状について解説します。

▼詳しい内容はここをクリック!
http://www.mac.or.jp/mail/110201/03.shtml

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】豆知識『必ずうまくいく!!一般的衛生管理(その5)』
                  SUNATEC コンサルティング室
                            室長 辻 裕文
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これまで一般的衛生管理と食品7Sとの関係を述べてきました。今回は具体例と
して、賞味期限・消費期限を設定する際の保存検査時にみられた事例を紹介しま
す。

▼詳しい内容はここをクリック!
http://www.mac.or.jp/mail/110201/04.shtml

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】次号予告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『魚介類のアレルゲン』
                      東京海洋大学食品生産科学科
                           教授 塩見一雄様

■『竹輪の微生物変敗と工場衛生管理』
                    愛知学泉短期大学 食物栄養学科
                           教授 内藤茂三様

             次号は3月1日配信予定です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       次回SUNATEC e-Magazineにご期待ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆食品安全情報◆ 【1月】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●厚生労働省

薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会食品規格部会議事録
清涼飲料水等の規格基準の一部改正について
デオキシニバレノール及びニバレノールの食品健康影響評価について
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000zy3a.html

平成22年(2010年)食中毒発生事例(速報)(更新)
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/04.html

「食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)の一部改正
(即席めん類の酸価・過酸化物価測定法の削除)」に関する意見・情報の募
集について
募集期間:平成23年1月12日~2月10日(必着)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495100274

●消費者委員会

食品表示部会(第6回)議事録
http://www.cao.go.jp/consumer/index.html

●食品安全委員会

新開発食品専門調査会
内容は「食品中のトランス脂肪酸に係る食品健康影響評価について」
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20110111sh1

食品安全委員会季刊誌「食品安全」第25号
http://www.fsc.go.jp/sonota/kikansi/kikansi.html

●消費者庁

第1回「栄養成分表示検討会」議事録の掲載について
http://www.caa.go.jp/foods/index9.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメールマガジンの配信を中止されたい場合は、お手数ですが下記URL内の
配信解除フォームをご利用ください。
https://ssl.mac.or.jp/event/mail/index.htm

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻
運 営: 財団法人 食品分析開発センターSUNATEC
U R L : http://www.mac.or.jp
MAIL :e-magazine@mac.or.jp
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻
※ご意見・ご感想を〈e-magazine@mac.or.jp〉までお寄せください。
※このメールに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyrightc 2006 SUNATEC. All Rights Rese

SUNATEC eサービス

よくある質問

Copyright(C)FoodAnalysisTechnologyCenterSUNATEC.AllRightsReserved