調査コンサルティング

拭取り検査

1.細菌拭取り検査

手指、器具、施設を滅菌綿棒で拭取り、一般細菌、大腸菌群、黄色ブドウ球菌を中心とした細菌検査を行います。

2.ATP拭取り検査

手指、器具、施設を滅菌綿棒で拭取り、対象物のATP量を酵素反応を利用して測定します。
ATP量=細菌数の前提のもとで、迅速に結果が出ます。

3.スタンプ法

専用培地を手指、器具、施設の平らな部分に押し付け、 一般細菌、大腸菌群、黄色ブドウ球菌を中心とした細菌検査を実施します。

*SUNATECでは、主に上記1.及び2.の方法で実施しております。
お問い合わせ

SUNATEC eサービス

よくある質問

Copyright(C)FoodAnalysisTechnologyCenterSUNATEC.AllRightsReserved